にこぽん本舗 nikoponpon.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

あ~どっこいせ。


by a-tekichi
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

蔵王鉱山の坑口跡を探せッ! ~後編~


d0028665_20561475.jpg


蔵王鉱山の坑口跡を目指して、登って降ってヒーコラして約1時間
坑口跡手前の蔵王沢に降りてきたとです。



地図が示すのは、この砂防ダムを上がったところ・・・。


う~~~む。。

ここから更に上を目指すわけかぁ~。


ワシ・・・生きて帰ってこれるんかぃ・・・(;´Д`)。










d0028665_211474.jpg


流れる水はとてもキレイですが、、、ココを登って行かねば坑口跡にはイケマセヌ。。















d0028665_2164844.jpg


砂防ダムは直接登れないので、側面から攻めるとですよ。

まぁ~~~当たり前だが、足場が悪いこと悪いこと。。。
四つんばいになって登るとですよ。

トッテモデンジャラスでゴワス。















d0028665_21102668.jpg


ズリ山かなぁ・・・。 

砂鉄っぽいモノがドサッとある。。。

















d0028665_21141471.jpg


後ろを振り向けば、こりゃまたイイ景色だこと~~^^)♪

でも、今先に進むのは難儀だことぉ~^^;)♪














d0028665_21194042.jpg


鉱山の遺構が益々はっきりと見えてくる・・・。

















d0028665_21211210.jpg


山に向かって左岸の状態・・・。

蔵王鉱山は露天掘りだったと聞いたことがあるが、もはや閉山してから50年。
露天掘りの跡に山が崩れて、こんな状態になったんだろうか?

ちゅうことはアンさん、、、この下に坑口があるってこと?
埋まってて、坑口跡ってもんじゃねえんじゃねぇの?

ココまでキタ努力は無駄っ???

















d0028665_21262356.jpg


うおおおお~~~コエエエエ~~~(((( ;゚Д゚)))。

落ちてきそうだじぇ~~!!















d0028665_21271336.jpg

d0028665_21273357.jpg



何か金属の残骸だわさ。。。

鉱山にはトロッコやら、索道やら、鉄索やら、イロイロと輸送すべきルートがあったそうな。
それらにまつわる残骸なんだろうなぁ。。。
















d0028665_2132934.jpg


こんなのも残骸。















d0028665_21331136.jpg


これも残骸。

なんかのレールかなぁ。。。

















d0028665_21341822.jpg


完全に裏から見たところですよ。

コンクリートと木製部分で構成されておる建築物。
鉱山施設の何にあたる部分なんだべか?














d0028665_21365319.jpg


50年前・・・この窓から、何がみえてたんだろ。


















d0028665_213923.jpg


ワシが置いたわけじゃないのよ。
フツーに、白い石がコロロとあったのよ。。。

誰か、ワシが来る前にここにキタ???
















d0028665_21405874.jpg


落ちそうなんですけど・・・・・(*´Д`)。



















d0028665_2142853.jpg


オブジェみたいな配置やね・・・。

加えて、スンゲーデンジャ~なニオイがするね。
















d0028665_21435840.jpg


遺構がある箇所から、だいぶ上に登って来ましたYo。

















d0028665_214518.jpg


右岸の地質が少し今までと変わってきてましてね。
なんだろう、、、砂利ぽい感じといいましょうか。
















d0028665_21452975.jpg


硫黄鉱石!・・・と思ったけんども、違うんだナァ。

水に溶けた硫黄が堆積した感じのもの。
硫黄鉱石よりもモロイんだわさ。

色も黄緑色で黄色じゃないしね。。


















d0028665_2149931.jpg


スンゲー、スリリングな位置で写真を撮ってるんだぜぇ~。




















d0028665_21533497.jpg


ターゲットとすべきは、右岸でなく左岸。

蔵王沢から少し離れて、左岸を探査する。
地図から言うと、カナリ近い位置には来ている。














d0028665_2155972.jpg


こんなところにも鉄の残骸が・・・。
ってことは、ココも鉱山の一部であったということ。

むむむ~。 近いんじゃねぇ~~( ゚∀゚)。



















d0028665_2201089.jpg


ん??? 

目の前に、不可思議なくぼ地が出現・・・。

近寄って、なんだべか確かめて見る。


















d0028665_2211899.jpg


ん( ・ω・)?















d0028665_2225620.jpg


ん(`・ω・´)ん!!!!


















d0028665_2293258.jpg


むおおおおお(;゚Д゚)))おおおお!!!














d0028665_22112639.jpg


穴キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!













d0028665_22125634.jpg


右側の穴は、土砂が流入していてもカナリ深いッ!!! 

その深さは8mぐらいはあるんじゃないか???
ワシの影でその深さを体感してちょ♪














d0028665_2217250.jpg

d0028665_22222678.jpg


こっちは左側の穴。
埋まってるけども、コレマタ深い。

奥には錆付いた機械の一部のようなものが見える。

ちゅうことは、過去にこの穴にヒトの手が入ったということ。
すわ、掘っていた跡ということでしょう!!!


















d0028665_22182443.jpg

d0028665_22185873.jpg


近くで撮影しようとすんだけど、砂地でスンゲー足をとられるのよ。
ザラザラ&ざ~らざら崩れるしね。

マジで怖いのよ・・・。

写真では撮れなかったんだけど
穴の中には、硫黄鉱石の鉱脈がはっきり見て取れる。






















d0028665_22245163.jpg


穴なの脇には、硫黄鉱石がパラパラありましてね。
鉱脈が露出しておるですよ。




















d0028665_2229572.jpg


穴の規模といい様子といい、周辺に散らばる硫黄鉱石といい、地図と位置が一致する点といい
間違いなく、ココが’蔵王鉱山の坑口跡’ですよ。

6年間探し続けたかいがありました。
感無量でゴザイマス・゚・(つД`)・゚・ 。




















d0028665_2237241.jpg


坑口を背にして、持ってきたお握りで昼飯を食う。。。。

何気に凄いところでメシ食っとるぞ。




















d0028665_22391159.jpg


1時間半かけて、下山してきました。

いやぁ~~もう、難所攻めからくる疲労で、足がガクガク・・・。
自分自身に、『お疲れ様です。』あんど、『ご無事で何より』。
















d0028665_224196.jpg


多分、もう2回目は来ないと思う・・・。

もう十分、お腹イッパイです。

















d0028665_22424294.jpg


’蔵王鉱山跡地’で採取した硫黄鉱石。
ワシの宝物デース(^ω^)♪

50年前、この黄色のダイヤを求めて、数多くのヒト達が
あの場所で威勢よく働いてと思うと、じいいいいんと来ちゃうのであります。

イイ探検でしたYo。 
デンジャラスの連続でしたけど・・・^^;)。



こう、、、蔵王鉱山探しをして思ったんだけど
「蔵王鉱山」に関する資料が少なすぎるッ!!!

正しい位置を割り出すのもすぐ出でてこないし
ネットで見ても資料が少ないッ!

てなわけで、こらからも蔵王鉱山の研究は進めますよ~。
なんせ蔵王鉱山は男のロマンですからね。(笑)。

蔵王鉱山 For ever デゴワス (=゚ω゚)ノ!



2013年2月16日 蔵王鉱山の当時の写真をUP!こちらも見てねぇ~ん♪
トラックバックURL : http://nikoponpon.exblog.jp/tb/16898030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 濃紺 at 2012-09-29 01:21 x
いや~、お疲れ様でした。
写真からもそのデンジャラスぶりが伝わってきます。
でもアレですね、50年の歳月ってのはロマンですね。
特に錆び付いた金属片からは、長い時間の流れを感じます。
無事なる生還、なによりです。
次回の探検部も楽しみにしていますよ。
でも、無理はしないで、安全第一で頼みますよ!
Commented by あできち at 2012-09-30 18:55 x
濃紺どの。 乙彼コメントありがとうございます。

ネタでデンジャラスだったらイインですが
足場がガラガラと崩れて、必死で岩にしがみついたときは
流石にリアルに危険を感じましたデス。

やっぱり、いざというときのために
体は鍛えておかんとダメだなと実感しました。

今後も安産第一で探検に精進したいと思います( 'o') ゞ。

Commented by 草柳 竹善 at 2016-09-27 18:23 x
にこぽん本舗  a-tekichi様

初めまして草柳@神奈川県川崎です。

この度は
ブログ記事の"蔵王鉱山の坑口跡を探せッ!"の内容を参考にさせて頂き
先日、蔵王硫黄鉱山の調査に行ってきました。

私たちは現在ビッグデータの世界に生きておりますが
これだけ情報が氾濫していても蔵王硫黄鉱山の
現地の詳細なレポはa-tekichi様のページだけだと認識しております。

アースで上からの像は確認出来ますが、視線の高さからのリアルな像は貴重で
イメージを作る上で非常に役立たせて頂きました。
先駆者的で斬れ味のある内容に刺激を貰い感動しました。
素晴らしい貴重な情報提供に感謝致します。

追伸、差支えなければ参考ページとして後ほど
自分のページの1日目の中で
"蔵王鉱山の坑口跡を探せッ!"をリンクさせて頂きます。
よろしくお願い致します。

Webページ"秘湯への招待"
草柳 竹善
Commented by a-tekichi at 2016-10-01 18:23
草柳さま~。

あいやいや、お役に立ててなによりですぅ~。
蔵王鉱山は実態が良くわからなかったので、もう本物を自分で見るしか無いなと思いアタックした塩梅です。
草柳さまのWebページを見させていただきましたデス。
ふんふん、山の水を調査するのですな。
坑口さらに上まで上がって行かれたようで
ワラスは坑口の上までは見たことが無かったので、興味深く見させて頂きました。
極めて高いpHの酸性水は、何本かある湧き水のうちの、わずかなんですね。
なるほど、勉強になりましたぁ~。

良い塩梅の秘湯発掘!
今後もよろしくお願いしまっす\(^o^)/。




by a-tekichi | 2012-09-28 21:13 | Go!Go!探検部 | Trackback | Comments(4)