にこぽん本舗 nikoponpon.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

あ~どっこいせ。


by a-tekichi
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:重音楽部( 103 )


Plus-Tech Squeeze Box




出てきてから10年以上経つけど、やっぱりカツコイイなぁ(・∀・)。

ちょっと香港映画みたいになっとるけど…(^^;)。
もう活動は終わっておるかしら。

復活キボウヌ。

by a-tekichi | 2017-05-08 19:01 | 重音楽部 | Trackback | Comments(0)

人間大統領




いつも面白いもの作るよなぁ~。

センス抜群だわ。




by a-tekichi | 2017-04-07 00:22 | 重音楽部 | Trackback | Comments(0)

Scorpions Hellcat




この曲ってば、好きなんだよね~。

なんか奇妙なイントロと、メロデイ~のコミカルな感じと
なんか、笑っちゃうんだよねぇ~。

笑っちゃいつつも、カチョィイんだわ。

飲んでいると、たまに頭でこの曲が鳴ってます♪




by a-tekichi | 2017-02-07 18:15 | 重音楽部 | Trackback | Comments(0)


ラジオでよく流れてるんだなぁ。

なんだって、最近にしてはファンキーな曲じゃねえかい。
と、紐解いてみたらば、スティービーさんが歌ってるのね。

ならば、ファンキーなのは当たり前だわさ。

素敵な曲だと思います。
なんか元気になるね。



by a-tekichi | 2017-02-06 18:36 | 重音楽部 | Trackback | Comments(0)

80年代の筋少




これを探してたんだわ。

破壊力抜群だ。

当時の勢いがそのまま表れてますな。

ああ、スバラシキ80年代…。





by a-tekichi | 2017-01-30 00:35 | 重音楽部 | Trackback | Comments(2)

Carpentersでシットリと。





どうも最近は歳をとったかして
若者が歌う高音フルパワーMAXな歌声が耳にきつい

ということで、カーペンターズを聴いております
いや~今更だが、カレンさん歌声が素晴らしいね

息が100%声になっておるし
英語の発音がスバラシイ!

これは意図的なのかもしれないが
ソプラノ域の高音を多用せず
テノール&アルトあたりの音域を多用しておる

この音域が耳に心地よく聴きやすいんだよね~。
ちなみに吹奏楽で言うとユーホニウムの音域がそれ

いや~ここまで歌えれば楽しいだろうなぁ






by a-tekichi | 2016-12-20 22:41 | 重音楽部 | Trackback | Comments(0)

50回転してきたよ。


d0028665_18495602.jpg

光のべいじぇんとです。
そうです。仙台にきとります。

何をしに来とるかと申すとですな。
50回転ズのライヴに観にきたのでした。












d0028665_18514861.jpg

骨太浪速サウンドは、ちょーエエ塩梅でした!
ゴリゴリのロックンロールは、やっぱりイイわぁ~。

さすがに40過ぎとるからね
後方で観てましたけれども。

もし、明日が何も無ければ、最前列に参戦したかも…。
なぁ~~~んてね。

身の程を知れ、身の程を~(・∀・)。

いやいや、こうしてライヴを観に行くのは
10年ぶりぐらいになるんじゃないか???

ちょっぴり元気になりましたわ。
やっぱり音楽は生で味わうもんだね♪











by a-tekichi | 2016-12-09 18:27 | 重音楽部 | Trackback | Comments(0)

   


何が原因なのだか、サッパリわからんのですがね・・・。
1日中、頭の中でこの曲が流れておったです。

コパカバーナって、たしか海岸の名前だったと思うた。。

生きてるうちに絶対に行かないと思われるコパカバーナ。

ああ~そんなにステキなトコロなのか。。
ブラジルにある~ゆ~トピアなのか・・・。

コパカバーナ=ガンダーラ?

世の中には、未だ見ぬ土地がたくさんあるのだのぅ~。
by a-tekichi | 2016-05-31 22:19 | 重音楽部 | Trackback | Comments(0)

ヤング2016!!!


    


この曲は、中学校の合唱で歌ったりしたが
当時の音楽としては、何かフォークとは違う感じがするなぁ・・・。
とオモッたが、ステージ101の紐を解くと、ああ~なるほど。とオモウた。

ステージ101(ウキペデアより~。)

この番組は、全世界を覆った学園紛争の嵐で傷ついた若者の心を癒し
良質の音楽を紹介しようという意図で企画された。

1960年代前半『夢であいましょう』の演出を手がけたNHKのディレクター(当時)末盛憲彦は
許可を得て渡米。そこで、アメリカならではのミュージカルバラエティ番組
『ヤング・アメリカンズ』を目にし、衝撃を受けた。

「こんな番組が、日本でもできないだろうか…」と考えた末盛は
帰国後、まだ国営放送的な官僚体質が色濃く残っていた局内を説得し、プロジェクトをスタート。

手始めとして、関東地方の若者を対象としたオーディションを実施。
合格者には各界の実力者を講師として約1年間の厳しいレッスンを行い
歌や踊り、芝居の基礎を叩き込んだ。


あ~なるほど&なるほど!
『ヤング・アメリカンズ』が元になっているんだわさ。
言われてみれば、アメリカンな感じがするわぁ。。。

この流れはYMCAに繋がるのかしら???

若者たちの姿格好が、時代を色濃く反映していると思わるるが
その歌声やなかなかたるもの。。。

かなり鍛えたたんだろうなぁ~。

時代を超えても、いいモノは残りますな(´∀`)。
by a-tekichi | 2016-04-22 18:53 | 重音楽部 | Trackback | Comments(0)

吹奏楽ではわりと有名な曲
「レスギンカ Lezginka/Lezghinka」の紹介であります。


『レズギンカ(レスギンカ) Lezginka/Lezghinka』は
ハチャトゥリアン作曲によるバレエ組曲「ガイーヌ」の一曲。

同組曲中の有名な曲としては、『剣の舞(つるぎのまい)』
『ガイーヌのアダージョ』などがあります。

レズギンカとは?意味は?

タイトルの「レズギンカ(レスギンカ)」とは、コーカサス(カフカス/カフカース)地方の
民族舞踊・伝統音楽・舞曲のことであり
ダゲスタンやアゼルバイジャンの人々「レズギン(レスギン)」から発祥したとされる。


木管の早吹き、そしてスネアドラムを筆頭にした、テンポ良いパーカッション。
重低音で厚みを加える金管と、なかなか聴き応えのある曲なのでした。。)

たくさんの楽団が「レスギンカ」を奏でているのですが、特に強力なのがコレ!
モスクワ放送交響楽団の方々の演奏なのですが、なんとも高速!!!

スネアのヒトは「サモイロフ」さんといいまして
ネットでは「スネアのおっさん」と言われ、有名なのであります。。。








すわっ!!! 高速ッ!!! サモイロフさん、ノリノリ!!!







     

リムショット炸裂バージョン!!! ココまで叩いたら、チューニング狂わないのか??
by a-tekichi | 2015-09-14 16:00 | 重音楽部 | Trackback | Comments(0)