にこぽん本舗 nikoponpon.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

わぁああ~い♪ 芋だ~芋だ~♪


by a-tekichi
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:Newsをかたるる部( 149 )



ヒトの営みの標準ってのは、正規分布で示されると思う。

平均値が一般的で、ばらつきは個人の特性。

ときに平均値を「常識」と言ってしまったりするが
分布すべてを認識しなければ、ヒトの本質は理解できないと思う。

正規分布を「ヒト」と定義するならば
分布全体が標準であり「常識」なのだ。

標準値に目を奪われたヒトは
データの見落とし、正しい考察はできない。


理系の端くれとして
このようなデータの大きな見誤りをもとに
出された考察には、到底納得はできない。



by a-tekichi | 2018-07-28 23:38 | Newsをかたるる部 | Trackback | Comments(0)

ザオーさん揺すれる。


ザオーさんが貧乏揺すりをし始めたそうな。
シラネさんが突拍子もなく怒り始めるからって
ザオーさんの貧乏揺すりが全国ニュースになってしまった。

3年前も同じようなことがあった。
そのときは全国ニュースにはならず。
世間の関心って割りとイイカゲンなもんだ。

馬の背(お釜のカルデラ)から1.2Km範囲が立ち入り制限区域なのね。
1.2km以内って、フツーにヒトは住んでないしぃ。
ましてや、冬季だからって、道が閉鎖されててお釜に近づけないし…。

スキー場のてっぺんも、全然1.2km外。
温泉街に至っては、さらにモット外側だし…。
なのに、風評被害で旅館のキャンセルが相次いでいるんだってさ。

温泉街、スキー場は問題ありませんよ~。
みなさぁ~ん。蔵王に来てくださぁーぃ!\(^o^)/!



by a-tekichi | 2018-01-30 23:33 | Newsをかたるる部 | Trackback | Comments(0)

本日、12月27日の昼前。

100台ぐらいが立ち往生になって

庄内方面とは逆の仙台からの下りでの事故だが…。
はぁ~~~。冬の雪道は、なんともオソロシア~(*_*)。

前日に、山形自動車動で庄内の往復をしているだけに
オソロシア倍増~~~(*_*)(*_*)(*_*)。

夕方の市内はこんな塩梅↓
市内でこれだけなんで、やっぱり山は白銀だろうなぁ。。)

d0028665_12521628.jpg



























by a-tekichi | 2017-12-27 11:24 | Newsをかたるる部 | Trackback | Comments(0)

タイマーズなあの方。





いろんな意味で、やっぱり聴いてしまいます。

いろんな意味で、時代を反映しています。

いつでもどんな時も~♪タイマを持ってる~♪

いつでもどんなときも~タイマが大好き~♪

今でも、じいい~ンと来るなぁ。





by a-tekichi | 2016-11-01 23:57 | Newsをかたるる部 | Trackback | Comments(0)

タイマーズなあの方。


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/EpkoWYYzJMk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


いろんな意味で、やっぱり聴いてしまいます。

いろんな意味で、ぶっ飛んでます。

いろんな意味で、、、、。







by a-tekichi | 2016-11-01 23:57 | Newsをかたるる部 | Trackback | Comments(0)

もし熊と戦うなら


東北地方は熊が仰山出没しておる。

山形も例外ではない。
ニュース等で放送される熊発見の情報などは、ほんの氷山の一角。
地元の農家の方や山に入るヒトは、しょっちゅう見ておるという・・・。

山に入る際に、熊にあったらこりゃ大変ってことで
熊よけの鈴、熊撃退用のトウガラシスプレーなどは既にGET済みだ。

イロイロ調べてみると、最悪、熊と肉弾戦になった際には
「何らかの武器があったほうが良い」との結論に至っている記述が多い。

マタギが開発したという「フクロナガサ」
熊と対峙するには、絶好のアイテムとなると思わるる・・・。

ステキな剣鉈であるが、入山時以外で持っていると、確実に銃刀法違反だわ・・・^^;)。

そういえば、大山倍達が熊と戦う方法を語っていたなぁ・・・。
スゲーなぁ、ちょっと読んでおかないと・・・(;´Д`)。
by a-tekichi | 2016-06-22 21:51 | Newsをかたるる部 | Trackback | Comments(0)

セルフディフェンス。


アイドルな方が不幸な目にあった事件が報じられている。

事前に警察に相談をしていたが、何もしてくれなかった。そして事件がおこった。
まったく警察は!相談したのに!落ち度があった!と、マスコミがワッショイしておるが、、、。

そんなことは、以前から知っているのだ。

小林よしのり氏が、オウムから狙われたとき警察に相談したところ
「何かおこらなければ、ワレワレは動けない」
「オウムが玄関に来たら知らせてくれ」=「オイオイそれじゃ遅いって!」という話を
すでに、小林よしのりが漫画で描いており、ワシはそれを読んでいる・・・。

それを読んで以降、警察ってば、あてにならんのね。
何かあったら、まずは自分で身を守ることを考えないとイカンのね。
そう!セルフデイフェンスをせにゃ~アカンのね!!!!

と、心に命じたのでした。


あれから20年、、、、何にも変わってないじゃん。

だったら、「殺られる前に殺る」って、言うしかないじゃん。

そうするしか、ないじゃん。

ねぇ┐(゚~゚)┌ ~。
by a-tekichi | 2016-05-23 23:07 | Newsをかたるる部 | Trackback | Comments(0)

鱒添ヱさん。


一連の「鱒添え」さんの報道を見ていたら
「田中角栄」さんと「ウルグアイのムヒカ大統領」のことを思い出した。

角栄さんのように

大きな事業をなすためには、それだけの金がいる
使った金で事業を成し、国民が幸せになれれば良いではないか。
投じた金以上に、国民が豊かになり富を生むのであ~る。

といった考え方もしかり。

ムヒカ大統領のように

金があまりに好きな人たちには、政治の世界から出て行ってもらう必要がある。
彼らは政治の世界では危険です。
お金が大好きな人は、ビジネスや商売のために身を捧げ、富を増やそうとするものです。
しかし政治とは、すべての人の幸福を求める闘いなのです。

発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。
発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。
愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。
これらをもたらすべきなのです。

といった考えもしかり。

さて、鱒添えさんはどーでっしゃろ?

そして自分はどーでっしゃろか?


どう考えても、消費社会にどっぷり漬かってるよなぁ~(;´Д`)。
by a-tekichi | 2016-05-20 11:30 | Newsをかたるる部 | Trackback | Comments(0)

蓮實ジイ様。


三島由紀夫賞を受賞した「蓮實重彦」ジイ様の
インタビューの回答がオモシロイ。

通常こういう場ですと、受賞が決まった方に「おめでとうございます」
という言葉を投げかけてから質問するのが通例なのですが、ためらってしまう。
受賞について喜んでいらっしゃるんでしょうか。

まったく喜んではおりません。はた迷惑なことだと思っています。
80歳の人間にこのような賞を与えるという事態が起こってしまったことは
日本の文化にとって非常に嘆かわしいことだと思っております。

もっともっと若い方、私は、順当であればいしいしんじさんがおとりになるべきだと思っていましたが
今回の作品が必ずしもそれにふさわしいものではないということで
選考委員の方がいわば、蓮實を選ぶという暴挙に出られたわけであり
その暴挙そのものは非常に迷惑な話であると思っています。

と、こんな感じだ。

ただの偏屈ジイ様かとオモッておったが
イロイロとすごい人なのね・・・。

三島賞を受賞した「伯爵夫人」とやらをチラ読みしたが
感想は?といわれれば、ただただエロい。

東大の総長をお勤めになった80代の偏屈ジイ様の
書いた小説が、ただただエロい・・・。

もうコレだけで、お腹がいっぱいである。。。

やっぱり、違う世界で生きている人は
コチラの世界とは違う視点をお持ちになっておるからって、、、。

やることなすこと、いうことが一味ちがうのぅ~(;゚Д゚)。

このズレた視点がオモシロさを生むんだろうなぁ。
by a-tekichi | 2016-05-17 23:35 | Newsをかたるる部 | Trackback | Comments(0)

「STAP現象の確認にドイツの有力大学が成功。」

という記事を読んで、ホウホウと思いますた。。。

オボコが見たというSTAP細胞
ホンマに存在している可能性が、あるということである・・・と。

オボコの実験が、どう行われたかワカランので
ハッキリとは言えないが、オボコがSTAP細胞を発表したとき
「ある」とは言えないが、可能性があるレベルだったんじゃないかと思うたりする。

「ある」というレベルには、今一歩遠い状態で、再現性も確実ではないうちに
急いじゃって、「ある」って言っちゃったんじゃないかなぁ~と思う。

オボコがSTAP細胞を発表したときって、pHの値とか
緩衝剤に何を用いたとか、全然話しにならなかったよねぇ。

その辺が、新発見!すごい!すごい!ワッショイ!ワッショイ!・・・的なノリで
少し、科学的な視点に、湾曲が生じてしまったニオイがするんだよね。

ドイツの大学が報告した
「細胞が酸性ストレスによって多能性を示す」といのが真実かどうか
これから繰り返される、再現実験で、より明らかになってくるでしょうな。



ワシも科学者のハシクレだ。

STAP細胞が発表されたときに
pHの値や他の要素が詳細に表に出てこない時点で
「なんかおかしいな?」と思わなきゃいけんかったわい。

アカン。

科学の真実と、マスコミの言うことは
同じ位置に立たせて考えるのは、危険性をはらんでいるという教訓だな。


うむ。

以後、きお付けヲー。

STAP現象の確認に成功の記事。
by a-tekichi | 2016-05-13 17:43 | Newsをかたるる部 | Trackback | Comments(0)